開発受託製造

私たちは極細径のイメージファィバーを使用した世界で最も細い内視鏡を製造しています。最小外径は0.35mm、小さな領域にも対応できる内視鏡です。『光』と言うキーワードをベースに様々なリサーチと開発を行い、世界中の研究機関と共に今までにない新しい医療機器の開発に努めています。また、製造販売業許可(第一種)及び製造業許可(滅菌・一般)を有しておりますので、OEMサービスの提供も可能です。

開発受託業務・共同開発業務・製造受託業務
  • 極細径内視鏡(外径0.35㎜以上の軟性・硬性内視鏡)
  • 医療用光源・プロセッサ装置(モニター付を含む)
  • 光ファイバー加工、光源装置の開発
  • レーザーファイバー、レーザープロープ(医療用半導体レーザー、Nd:YAGレーザーへ接続するレーザープロープなど)
  • 画像解析装置・ソフトウェア開発支援
  • 超小型バイタルセンサー
  • 臨床技術開発支援

弊社が有する光ファイバー加工技術、マイクロテクノロジーを駆使し、各種メディカルデバイスの開発支援を行います。お気軽にご相談下さい。

※注※ 個々のOEM案件の内容によっては、他のお客様との関係上、受託しかねる場合がございます。予めご了承下さい。

技術のご紹介
極細径内視鏡

外径0.5mm以下の2枚組レンズをとりつけた、高解像度の極細径内視鏡

モニター付光源・プロセッサ装置

光学レンズ系、CMOSカメラ、光源、モニターを備えた小型光源・プロセッサ装置です。

挿入部は取り外しが可能であり、さまざまな形状・サイズの製品を接続することができます。

レーザーファイバー技術

医療用半導体レーザー装置に接続するレーザーファイバー・レーザープローブの開発・製造受託

このページのトップへ移動

  • 医療用内視鏡
  • 医療用機器