企業理念

私たちは極細径内視鏡を軸とした低侵襲、非侵襲の医療機器を開発・製造・販売することを通じ、優しい医療を提供し、社会に貢献します。
“命と命をつなぐ”テクノロジーの分野であくなき挑戦を続け、付加価値の高い医療機器を提供することにより社会の信頼に応え続けます。

  • SAKURA Research Center
  • 本社ビル

このページのトップへ移動

会社概要

会社名
ファイバーテック株式会社
拠 点
本 社 〒285-0074 千葉県佐倉市西御門409-1 佐倉リサーチセンター
電話番号 043-481-5381 / FAX番号 043-498-4575
東京支店 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-23 錦町MKビル8F
電話番号 03-5259-7600 / FAX番号 03-5259-1155
光応用センター 〒285-8550 千葉県佐倉市六崎1440 (株)フジクラ佐倉事業所内
電話番号 043-484-1534 / FAX番号 043-484-3969
設 立
1998年10月15日
資本金
1億円
株 主
株式会社フジクラ(97.5%)、株式会社スズキ技研
代表者
代表取締役社長二本柳 一之
事業内容
医療用内視鏡製造・販売、医療機器製造・輸入・販売、医療機器の開発
所属団体
日本眼科医療機器協会、日本医療機器テクノロジー協会、
日本医用光学機器工業会、医療機器業公正取引協議会、千葉県医療機器工業会
アクセス

本社の地図情報

[地図]


東京支店までの交通、及び地図情報
□東京メトロ 千代田線・半蔵門線 大手町駅より徒歩6分
□東京メトロ 東西線 竹橋駅より徒歩3分
□都営新宿線 神保町・小川町駅より徒歩7分

[地図]

このページのトップへ移動

沿革

1998年 10月
新技術医療機器と医療用デジタルシステムの開発販売を目的として日本ディーベース(株)を設立
1998年 11月
住田光学ガラス社との共同開発製品である携帯式内視鏡を発売
2000年 03月
メディカルサイエンス社より極細径内視鏡製造技術を継承
2000年 12月
本社を東京都文京区へ移転、会社名をファイバーテック(株)へ変更
2001年 09月
ビデオ喉頭鏡開発において東京都より中小企業創造法の認定を受ける
2001年 10月
第三者割当により資本金を2550万円に増資
2002年 01月
第三者割当により資本金を5650万円に増資
2002年 03月
循環器内科向け外径0.75mm(750ミクロン)の血管内視鏡を発売
2002年 07月
米国ビジョンサイエンス社と包括販売契約を締結。また同社のエンドシース(内視鏡感染防止シース)の販売を開始
2002年 12月
第三者割当により資本金を2億3600万円に増資
2003年 07月
外径0.5mm(500ミクロン)の極細径血管内視鏡を発売
2004年 02月
医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格ISO13485認証を取得
2004年 04月
千葉県佐倉市に佐倉リサーチセンターを設立
2004年 10月
(株)インターネット総合研究所との株式交換によりIRIグループに参画
2004年 10月
本社を東京都千代田区に移転
2004年 10月
東京都より2004年度東京都ベンチャー技術大賞で『大賞』を受賞
2004年 11月
株主割当により資本金を3億3662万5000円に増資
2005年 02月
品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を取得
2005年 10月
株主割当により資本金を4億2412万5千円に増資
2006年 12月
株主割当により資本金を4億8912万円に増資
2007年 07月
株式譲渡により親会社が(株)インターネット総合研究所から(株)フジクラへ異動
2008年 07月
無償減資により資本金額を1億円に減額
2009年 11月
福岡県福岡市に福岡連絡事務所を開設
2010年 02月
品質マネジメントシステム国際規格IS09001/2008認証を更新審査にて取得
2011年 07月
佐倉リサーチセンター拡張工事実施を決定
2012年 02月
佐倉リサーチセンター増築工事竣工
2012年 04月
事業移管を受け、光応用製品の製造を開始
2012年 05月
本社を東京都千代田区内で移転
2014年 06月
本店を佐倉市西御門に移転
2014年 07月
東京事務所を東京都千代田区内で移転

このページのトップへ移動

事業展開

私たちファイバーテックは、1998年の設立以来、侵襲性の極めて低い極細径内視鏡を取扱い製品群の中核に据え、人に優しい医療の実現に邁進してまいりました。『見えないところを診る』ことができる極細径内視鏡こそ、私たちが最も得意とする優しい医療機器なのです。
そして今、私たちはさらに一歩進んで、医療分野における随一のプロダクト&テクノロジー・インテグレーターとなることを目指しています。医療機器分野で培った豊富な知識と経験を基に、私たちのコア技術であるマイクロテクノロジーと光応用技術を駆使し、新しい製品とアプリケーションの開発を行います。
医療機器に関わる新技術の創造や、異業種分野における革新的な技術を医療機器へ導入することにより、一層侵襲性の低い医療機器を開発すること、さらには、埋もれている貴重なテクノロジーをも再生させ、マーケットニーズに呼応する斬新で且つ付加価値の高い新製品として社会に提供してまいります。そして次世代の医療技術の発展に貢献し、社会におけるファイバーテックの存在意義を一層確かなものとすべく事業の展開を図ります。
また、私たちがこれから取り組む事業は、検査・診断から治療まで一貫してサポートできる幅広い医療機器の提供、先進の画像処理技術の提供などであると考えています。
さらに、私たちはその活動を日本市場にとどめることなく、海外市場へも一歩ずつ着実な歩みを重ねてまいります。
私たちは、C&C(Courage & Challenge)をスローガンに、人の命と命をつなぐ事業に挑戦し続けます。

このページのトップへ移動

クオリティマネジメント

私たちは2004年2月、医療機器の製造及び販売に関する品質マネジメントシステムの国際規格ISO13485の認証を取得し、さらに2005年2月に、その基本規格であるISO9001の認証を併せて取得いたしました。
製品の高品質維持はもちろん、あらゆる企業活動における品質の保持管理を全社で遂行しています。

ISO 9001:2008
滅菌済み及び未滅菌ファイバー式内視鏡、その他周辺機器(ファイバー式内視鏡画像イメージングシステム)、処置用医療機器(レーザー関連機器)の設計、開発、製造、及び付帯サービス

光応用製品(イメージ関連製品、大口径関連製品、バンドル関連製品)の製造及び付帯サービス

ISO 13485:2003
EN ISO 13485:2012
滅菌済み及び未滅菌ファイバー式内視鏡、その周辺機器(ファイバー式内視鏡画像イメージングシステム)、処置用医療機器(レーザー関連機器)の設計、開発、製造、及び付帯サービス

このページのトップへ移動

医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン

目的
ファイバーテック株式会社は、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)が定める「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に従い、弊社の事業活動に伴う医療機関、医療従事者、学会・研究会などへの資金提供実績の情報を公開いたします。
公開方法
当社のウェブサイトにて公開いたします。
公開時期
2015年度(2015年4月~2016年3月)に実施した医療機関、医療従事者、学会・研究会への資金提供については、決算終了後の適切な時期に公開いたします。2015年度以降についても同様に毎年度分を更新して公開いたします。
公開対象
当社が公開対象とする医療機関等への支払費用の範囲は、「研究費開発費等」「学術研究助成費」「原稿執筆料等」「情報提供関連費」「その他の費用」とします。詳細は公開対象本文をご覧下さい。

公開対象本文はこちら(PDF)

このページのトップへ移動

テクノロジー

私たちは世界で最も細い内視鏡を製造するテクノロジーを有しています。現在、極細径イメージファイバーを使用して製造できる内視鏡の最小外形は350µm(0.35mm)。イメージファイバー1本の太さは3.75µm(1000分の3.75mm)です。私たちが提供する内視鏡は、このような眼にも見えない細さの光ファイバーを束ねて製造されています。
さらに、私たちはプロダクト&テクノロジー・インテグレーターとして、自社が持つ光応用技術、ソフトウェア技術など幅広いテクノロジーを有効活用しつつ、ユーザーのニーズに合わせた医療機器の新規開発受託や共同開発、OEM供給などの提案を行ってまいります。

このページのトップへ移動

  • 医療用内視鏡
  • 医療用機器